SIM RECIPE

格安SIMに代えて料金を節約するおすすめの方法

【携帯代節約】ドコモ/au/ソフトバンクと違う格安SIMの話

      2016/05/12

iphone-518101_640 格安SIMって最近よく聞きますが、docomo(ドコモ)やau(エーユー)、Softbank(ソフトバンク)などの3大キャリアとどう違い、どんなメリットがあるのでしょうか?

そもそも「SIM(シム)」ってな〜に?

SIMとはガラケーやスマートフォン本体に入っている「ID番号(マイナンバーみたいな)が記録されたICカード」の事です。

このSIMカードで「◯◯さん(契約者)は090-XXXX-XXXXって番号で今現在◯◯ってキャリアで利用されているよ」というような事が把握できるんですね。

そして、以前は主に3大キャリア(docomo/au/Softbank)がこのSIMを発行していたのですが、今は様々な業者が発行できるようになりました。

その業者の利用料金が安いので「格安SIM」と呼ばれています。 ちなみにこれら業者の事をMVNO(えむぶいえぬおー)といいます。  

主なメリットは利用料金が安くなるということ

先にメリットから説明すると、一言「利用料金が安くなる」に尽きます。

3大キャリア(docomo/au/Softbank)のスマホを使っているみなさんなら現状の月額料金を知ってますよね?

およそ5,000円〜8,000円位ではないでしょうか。 それが、格安SIMにすることで例えばですが、約1,000円〜3,000円程に抑えられるのです。

最大値で比べた場合、差額は5,000円、要するに毎月5,000円浮くということに。  

なんでそんなに安くなるのかなぁ・・・

この格安SIMを提供している業者(MVNO)は主にdocomoの回線を借りてサービスを提供しています。

自社で回線設備を持たずに、大手が構築した回線をお借りして営業しているので、サービスが始めやすい=コストを下げやすい訳です。

また「ドコモショップ」のように独自の店舗を持たず、主にネットで集客し契約までを行っています。

そのため営業コストや広告コストを少なく運用でき、逆にdocomoよりも低価格をウリにした戦略を行う事ができるのです。

価格下げたらdocomoが怒るんじゃ?

MVNOはdocomoに回線利用料を払っているので、docomoにとっては「直接お客さんとやりとりするか、間に違う会社を挟んでやりとりするか」位の差しかありません。

私達ユーザーからすると安い方が嬉しい訳ですから、後はキャリア契約と格安SIMのメリット・デメリットを知った上で、かしこく利用したいですよね。

目的に合った格安SIMを選ぼう!

通話なし・データ専用のおすすめ格安SIM

大容量でたくさん通信できるおすすめ格安SIM

かけ放題・通話定額のあるおすすめ格安SIM

定額無制限プランがあるオススメの格安SIM

口座振替が選択可能な格安SIM

デビットカードで支払いが出来る格安SIM


 - 格安SIMって何?

格安SIMを契約する前にチェック!

ガラケーから格安スマホへの移行に必要な準備・手順

  2016/06/16    格安SIMの利用手順

ガラケーから格安SIMを使ったスマホに乗り換えよう! そう思った時に必要な準備や …

格安SIMが届いたら初期設定をしよう!

  2016/02/12    格安SIMの利用手順

いざ格安SIMを注文し届いたら、最初にやるべき事があります。 といっても簡単な初 …

格安SIMを契約する前に気をつけておきたいポイント

  2016/02/06    格安SIMの利用手順

 利用したい格安SIMの提供会社が決まったら契約に入りますが気をつけておきたいポ …