SIM RECIPE

格安SIMに代えて料金を節約するおすすめの方法

格安SIMを使ったスマホをカーナビ代わりに使いたい

   

14dbbe27fcbc4558466a474654675e59_s

格安SIMを入れたスマホをカーナビ専用機にしたいという方は少なからずいるかもしれません。

カーナビとまで言わなくても、手のひらサイズの地図としても便利ですからね。

そう思った時にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

格安SIMとGPSの問題

キャリアスマホ+格安SIMで覚えておきたいこと

GPSというのは現在地を取得するための機能として様々な利用がなされていますよね。

スマホのGPSには下記のような現在地取得方法があります。

  1. 衛星から取得(GPS)
  2. ネットワークから取得(A-GPS)

1番は宇宙で漂ってる衛星ですね。位置取得に時間がかかりやすいという点が特徴。

2番はスマホのネット回線経由で近くの基地局から取得しています。

こちらは一番近い基地局を元に現在地を算出しているため素早い位置取得が特徴。

そして2番の位置情報は大手キャリア or Googleによって提供されているのがポイント。(※キャリア=docomo・au・SoftBank)

キャリアの端末であれば各キャリアのサーバーから位置情報を取得し、どこにも属さないSIMフリー端末であればGoogleから取得するよう設定されているのです。

となると・・・「キャリア端末で格安SIMを使った場合もキャリアサーバーから取得するの?」と思いますよね。

そうなんですが、格安SIMは通信にキャリア回線を借りていても、位置情報のサーバーを利用することが出来ません。

よって下記のようになります。

端末が位置情報を取得しようとする

⇒元々キャリア端末なのでキャリアサーバーに繋ごうとする

⇒格安SIMなので接続できずA-GPSで位置を取得できない

⇒衛星から位置情報を取得する

要するに「衛星取得を行っているため処理に時間がかかってしまう」ということ。

スムーズに位置を取得できないとアプリでエラーになったり上手く動かないという事態に見舞われてしまうのです。

対策方法

技術的な対策であればGPSのプログラムを書き換える等の手段があるようですが、私たちには難しい方法ですよね。

そこで試してみたいのが「GPS常時測位」というアプリ。

取得に時間のかかるGPS測位を常時行う事でいくぶん良くなるとのこと。

アプリによっては取得した位置を反映させるのに時間がかかるため、しばらく待ってみましょう。

また、スマホの裏側で常時測位しているため、バッテリーの消費が大きくなります。

常時測位し続けたい場合のみ利用するのが良さそうですね。

※端末やMVNOによっては動作しない可能性もありますので実践は自己責任にてお願いします。

キャリア版のiPhoneも?

iPhoneの場合、キャリア版もシムフリー版も関係なくA-GPSのサーバーはAppleにあるようです。

そのためこのような現象は起こらないとのこと。

以上、キャリア版のAndroidスマホと格安SIMでGPSを利用する際にはよくチェックしてみてください。

目的に合った格安SIMを選ぼう!

通話なし・データ専用のおすすめ格安SIM

大容量でたくさん通信できるおすすめ格安SIM

かけ放題・通話定額のあるおすすめ格安SIM

定額無制限プランがあるオススメの格安SIM

口座振替が選択可能な格安SIM

デビットカードで支払いが出来る格安SIM


 - 格安SIMでもできる?

格安SIMを契約する前にチェック!

ガラケーから格安スマホへの移行に必要な準備・手順

  2016/06/16    格安SIMの利用手順

ガラケーから格安SIMを使ったスマホに乗り換えよう! そう思った時に必要な準備や …

格安SIMが届いたら初期設定をしよう!

  2016/02/12    格安SIMの利用手順

いざ格安SIMを注文し届いたら、最初にやるべき事があります。 といっても簡単な初 …

格安SIMを契約する前に気をつけておきたいポイント

  2016/02/06    格安SIMの利用手順

 利用したい格安SIMの提供会社が決まったら契約に入りますが気をつけておきたいポ …